銀行3行でネットバンキングの被害発生


ネットバンク比較!ネット銀行ガイド
HOME > ニュース&キャンペーン情報 > 銀行3行でネットバンキングの被害発生

 銀行3行でネットバンキングの被害発生

銀行3行でネットバンキングの被害発生

みずほ銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行の計3行で不正送金の被害が発生しています。
被害者は知らない間に、自分の口座のお金を他人の口座に送金されてしまっていたとのことです。

今回の不正送金の被害被害件数とその金額は次の通り(2012年11月14日時点)。
・みずほ銀行 ・・・ 2件(20万円、50万円)
・楽天銀行 ・・・ 1件(100万円)
・ゆうちょ銀行 ・・・ 1件(40万円)

発端は銀行ログイン時に偽の認証画面(本人確認画面)が表示され、オンラインバンキング利用時に必要な取引用番号や暗証番号を不正に入力させられたようです。

今回の件は銀行側の落ち度はなく、利用者のパソコンにコンピュータウイルスが侵入したことが原因のようです。ウイルス感染したパソコンから銀行口座にログインすると、偽の認証画面が表示されるようになっていたようです。

日ごろからマルウェアやトロイの木馬のようなウイルスに感染しないよう、ウイルス対策ができるセキュリティソフトを導入し、しっかりとした対策が必要です。

銀行側では、暗証番号とすべての取引用番号、秘密の質問などをすべて聞くようなことしていないため、そのような状況になった場合には疑ってみるのも良いかもしれません。

こういったフィッシング詐欺や暗証番号等を盗まれないようにするちょっとした対策としては、
・銀行サイトにアクセスする場合は、いつも使っているブックマークからアクセスする
・銀行からメールが届いた場合は、そのメールのドメインが銀行のドメインと同じか確認する
・メール内のURLが銀行のドメインと同じかどうかを確認する

と言ったことも大事なポイントと言えそうです。

(記事公開 : 2012年11月14日)

スポンサーリンク


ネットバンクの比較・解説サイト。高金利キャンペーンや現金がもらえるキャンペーンなど、お得な情報を配信しています。
Facebook、Twitterでの情報配信を開始しました。よろしければフォローしてみてください。
三井住友銀行
大手都市銀行の代表格。3大メガバンクの一つ。

外貨預金とは
円高の好機を利用して、米ドル、ユーロなどの外貨預金で資産運用できます。
外貨預金の為替手数料の比較
外貨預金の預け入れ、払い戻しの返還コストについて一覧で比較します。
外貨預金の始め方
外貨預金はどうやったら始められるのかを解説します。
銀行口座を簡単に管理しよう
複数の銀行や証券口座、クレジットカード、電子マネー等を一括管理できます。
FAQ(よくある質問)
よくある質問、回答をわかりやすくまとめました。
セキュリティ対策
ネットバンクを利用する前にパソコンのセキュリティをチェック!
コンビニATMの種類
コンビニATMの種類とネットバンクの対応状況を確認できます。
ネットバンクとは
複数の銀行や証券口座、クレジットカード、電子マネー等を一括管理できます。
ネットバンクのメリット
よくある質問、回答をわかりやすくまとめました。
ネットバンクがお得な理由
ネットバンクを利用する前にパソコンのセキュリティをチェック!
ネットバンクの金利・手数料比較
コンビニATMの種類とネットバンクの対応状況を確認できます。
HOME > ニュース&キャンペーン情報 > 銀行3行でネットバンキングの被害発生
Copyright © 2006- ネットバンク比較!ネット銀行ガイド All rights reserved.